忍者ブログ
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
レントハウス千歳烏山店
性別:
非公開
職業:
賃貸不動産
趣味:
千歳烏山
自己紹介:
当店は京王線千歳烏山駅にございます、賃貸専門の不動産屋です。
 
京王線千歳烏山駅周辺を中心に、世田谷区/杉並区/調布市/
三鷹市/武蔵野市の賃貸物件を多数ご用意しております。

京王線住みたい街ランキング
No.1に輝く魅力タップリの千歳烏山へのお部屋探しは賃貸専門の当社へお任せ下さい。

地域に詳しい専門のスタッフが皆様のお部屋探しをサポートいたします。

スタッフ一同ご来店心よりお待ちしています。
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
最新コメント
[02/03 烏山の住人]
[08/15 bysgjjokik]
[08/15 zfynabskio]
[08/14 kkjmyyueqf]
[05/07 zlltweizkj]
カウンター
お天気情報
アクセス解析
アクセス解析
[406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397] [396]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつもレントハウス千歳烏山店の賃貸ブログを御覧頂きまして誠に有難う御座います

本日は大変お得な千歳烏山商店街で集められる

「ダイヤスタンプ」の御紹介です。

 全国でも屈指の活気を誇る「千歳烏山商店街」

千歳烏山商店街、通称「えるもーる烏山」に欠かせないのが「ダイヤスタンプ」です。

これがあるからこそ、この烏山商店街は活気にあふれているのです。


「ダイヤスタンプ」は、「えるもーる烏山」で買い物をすると、100円につき1枚もらえます。

これをもらって、どうするのかと言いますと、スタンプ台紙が加盟店にありますので、

それにひたすら貼ります。

台紙1冊(350枚)貼れたら、各加盟店で500円として買い物が出来ます。



「ダイヤスタンプ」
は、えるも~る烏山の「第2の通貨」です。1枚でも多く集めると、お得です。
「ダイヤスタンプ」
は、加盟店でお買物されると、100円につき1枚差し上げます。
「ダイヤスタンプ」
の台紙は、加盟店にございますので、遠慮なくお申し出ください。
「ダイヤスタンプ」は、楽しいイベント(旅行・観劇・各種ご招待等)にも参加できます。
「ダイヤスタンプ」
は、地元の金融機関で、預金(1冊500円)としても取り扱います。
「ダイヤスタンプ」
は、各種回数券(共通バスカード、下高井戸シネマチケット、烏山地下駐輪場回数券)と交換できます。
「ダイヤスタンプ」
は、有効期限がありません。

  


ほかにも、うれしい使い方があるのです。たとえば、旅行、観劇、

招待券などとも交換できますし、また、1冊500円として、地元の金融機関で預金できます。

今でこそ、全国の商店街でも当たり前になった「商店街スタンプ」ですが、

千歳烏山は元祖商店街スタンプの街なのです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山6-4-19 ウェストバレーⅡ・1階
賃貸情報館 RENT HUSE 
千歳烏山店  
担当者 : 村岡 真吾 (むらおか しんご)
           
TEL : 03-5314-7878
FAX : 03-5314-7755
HP-URL :
http://www.renthouse.co.jp/karasuyama1122.html
E-MAIL : karasuyama@renthouse.co.jp
営業時間 10時~19時迄 (1月~3月は無休です)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
えるもーるラックカードが新しいカードになるようです。
ダイヤスタンプにする場合ポイント350Pで1冊分が、400Pで1冊と改悪されますのでご注意!!

しかも、えるもーるの職員松永が、銀行にラックカードにもって行けば貯金できると私に言いましたが、みずほ銀行に持っていくものの、使えないとのことでした、つまり嘘を平気で言う人間が行っている時点で、いらないカードかと思います。
(1冊分のポイント)
烏山の住人 2015/02/03(Tue)17:25:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]